ポーカー(テキサスホールデム)にはまった

謎のプリン語る。
プログラミングの役立つ情報とか、どうでもいい雑談とか書いてます。
一人書く人増えました。

ポーカー(テキサスホールデム)にはまった

2016年05月07日

みやびプリン 500 316

450 320

ポーカー(テキサスホールデム)にはまった - サムネイル

どうも。 集中力が雀の涙のみやびプリンです。

ほんとね、やる気がほしいよ。

さて、最近ポーカーはまってます。
面白い・・・!
ルールとか役とかはしってたけど、
本格的にチップを使ってやるやり方ってのは知らなかった。
きっかけは、Liar Gameです。
ようつべでドラマみてたら、
17ポーカーですか、それ観てて、
チップ使って本格的にやったらどうなんべ、とアプリ落としてやってみたってのが始まり。

はまったよ、マジで面白い。
チップも自分で買っちゃったよ。
(相変わらず無駄遣い)

ポーカーって、
最初に、5枚ずつ配って、いらないのは交換、ってイメージの方が強いのですが、
現代で行われてるポーカーのルールって違うのですよ。
フロップポーカーと呼ばれる、
いわゆる、共通手札を使ったルールです。
その中でも、最新というか多くプレイされているだろうルールが、
"テキサスホールデム"です。
ルールは、下記エントリーを参照のこと。

テキサスホールデムの基本ルール

簡単に言うと、最初に各プレーヤーに2枚配って、
段階踏んで、最終的には5枚の共通手札が出ます。
その7枚の中で、5枚使って最強役を作り、
勝負するって感じです。

何が面白いって、
駆け引きだよ!!!
共通手札があることによって、
相手の手を予測し、自分の手札と比べ、
掛け金を決めたり、降りたりを選択する・・・。
そして、自分以外が降りた場合、自分の手札を開けることなく、勝利することができる・・・。

そう、ブラフ(自分の手が弱くても、掛け金をガボっと出して、強く見せる手法)でも十分勝負ができるのです。

そこが面白い。
たとえ、なんぼ多く出してきても、その人の手が強いとは限らないのです。
麻雀だとそうはいかないんだよ。
まぁ手が安くてもリーチくらいか。

その点、テキサスホールデムは、
駆け引きの仕方が縦横無尽なのです。
掛け金も自分で選べるし。
持ち金少なくなった時の大逆転は麻雀より難しいけど・・・。

とまぁ、ブラフ至上な感じで書いてきましたが、
最初は面白ぇって使いまくってたけど、最近はほとんど使ってません・・・。
その理由や戦略的な話は、次の記事にでも。

さて、仕事戻るぞ。

ありえないほど簡単にホームページができる【Jimdo(ジンドゥー)】 - メイン

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

ページトップへ戻る